• 地質調査
  • 地盤・地質調査とは
  • 調査場所と調査目的とは
  • 代表的な地盤・地質調査方法
  • 電話でのお問い合わせはこちら TEL 088-665-7360

HOME > 地質調査

地盤・地質調査とは

地面の下がどうなっているのか?それを調べるのが地盤・地質調査の役割です。
地盤・地質調査を適切に行うと、安心・安全な土木建物や建築物を建てることができます。


調査場所と調査目的とは

地盤・地質調査の方法は、様々な種類のものがあり、調査目的や調査場所に応じて使い分けています。
例えば調査場所に応じて、

山地・急傾斜地
◎ 地すべり調査
◎ 斜面崩壊調査

平地
◎ 軟弱地盤対策(圧密沈下、不等沈下)のための調査
◎ 液状化解析・対策のための調査
◎ 土壌汚染対策のための調査
◎ 耐震、免震構造物のための調査

など、調査目的に応じて、調査方法が違ってきます。
経験豊富な専門家(技術士・RCCM・地質調査技士など)にご相談下ることをお勧めいたします。


代表的な地盤・地質調査方法

◎ 現地踏査 [ルートマップ、地質平面図など]
◎ 物理探査 [弾性波探査、電気探査、音波探査]
◎ 物理検層 [速度検層(PS検層)、電気検層、密度検層]
◎ ボーリング [機械ボーリング]
◎ 原位置試験・サウンディング [標準貫入試験、スウェーデン式サウンディング試験など]
◎ 地下水調査 [間隙水圧測定・現場透水試験・ルジオン試験など]
◎ 現場載荷試験 [孔内水平載荷試験・地盤の平板載荷試験・道路の平板載荷試験]
◎ 現地踏査
◎ 現地計測 [地表・地中変位測定、土中・壁面応力(荷重)測定]
◎ 室内土質試験 [物理試験・締固め試験・力学試験・圧密試験など]


  • スウェーデン貫入試験

  • ボーリング作業状況

  • 載荷試験