• 土質試験
  • 土質試験とは
  • 試験の種類
  • 試験の方法
  • 電話でのお問い合わせはこちら TEL 088-665-7360

HOME > 土質試験

土質試験とは

いかに優れた理論と知識があっても、現地の土を知らなければ、計画は立ち行かない。
しかし土は「掘ってみないとわからない」とよく言われるように、場所により千差万別です。
そこで、現場の土の性質を少しでもよく知るために行う試験です。


試験の種類

土質試験には大きく分けて次の2種類があります。

① 現場で採取した試料を試験室に持ち帰って行う室内試験
ボーリング調査で採取した土や現地で直接採取した土や材料の物理的特性・力学的特性・化学的特性等を把握することができます。液状化判定や擁壁安定計算などの基礎資料となります。また、工事現場の建設発生土の利用判定にも利用されます。

② 現場に試験機を持ち込んで現地で直接行う原位置試験
いろんな地盤が持つ固有の特性(地盤定数)などを正確かつ経済的に求めることがてきます。
地盤の強度や性質・特性などが直接把握でき、それらを数値化することで土木設計や建築設計の有効な基礎資料となります。また、工事現場の施工管理にも利用されます。


試験の方法

室内試験
◎ 物理試験 [土粒子の密度試験・含水比試験・粒度試験・液性限界、塑性限界試験など]
◎ 安定化試験  [突固めによる土の締固め試験・CBR試験・コーン指数試験など]
◎ せん断試験 [一軸圧縮試験・三軸圧縮試験・圧密試験など]
◎ 化学試験 [土のPH試験・土の強熱減量試験など]

原位置試験
◎ 現場密度試験・現場CBR試験・平板載荷試験・スウェーデン式貫入試験など

※ 試験方法については、現地地形・地質条件や使用目的等により変わりますので、ご相談ください。


  • 沈降試験

  •  

  • 載荷試験